「林檎姫」のつぶやき | メクる
林檎姫

ユーザー L

フォロー28


一覧を見る

フォロワー23


一覧を見る

最新作品 - ブログパーツ

林檎姫のつぶやき

@林檎姫宛

500


  • 林檎姫 08月19日
    小説「オレたちだけの約束」を公開しました!
    お話の続きを更新しました。感想をお待ちしております。
     #オレたちだけの約束
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    オレたちだけの約束

    by 林檎姫

    それは、突然の出来事であった。 松島寛子は、いつものように 仕事の通勤バスに乗っていた。 しかし、この時に寛子に 悲劇が起こったのだ。 それは、帰りの横断歩道で 横断歩道を渡ろうとした 寛子が車に撥ねられたのだ。 寛子は、そのまま近くの 救急病院である泉川病院に 搬送されたが意識不明の重体 となっていた。 寛子の事故を南島原警察署からの 連絡で知った夫の武志は、 処置室のベッドにいる寛子を見て 涙を流していた。 やがて、寛子は意識を取り戻し 大村市の長崎医療センターに ドクターヘリで搬送されて、 そのまま入院することになった。 そして、寛子には事故で損傷した 骨盤と左膝の手術が待っていた。 愛妻である寛子が長崎医療センターの 主治医である医師とリハビリを 施してくれた医師たちと看護師たちや 患者さんたちとの交流で以前の明るさを 取り戻したと確信した武志は、 寛子が退院をして社会復帰が できればと願いを持ちます。

  • 林檎姫 08月18日
    小説「オレたちだけの約束」を公開しました!
    お話の続きを更新しました。感想をお待ちしております。
     #オレたちだけの約束
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    オレたちだけの約束

    by 林檎姫

    それは、突然の出来事であった。 松島寛子は、いつものように 仕事の通勤バスに乗っていた。 しかし、この時に寛子に 悲劇が起こったのだ。 それは、帰りの横断歩道で 横断歩道を渡ろうとした 寛子が車に撥ねられたのだ。 寛子は、そのまま近くの 救急病院である泉川病院に 搬送されたが意識不明の重体 となっていた。 寛子の事故を南島原警察署からの 連絡で知った夫の武志は、 処置室のベッドにいる寛子を見て 涙を流していた。 やがて、寛子は意識を取り戻し 大村市の長崎医療センターに ドクターヘリで搬送されて、 そのまま入院することになった。 そして、寛子には事故で損傷した 骨盤と左膝の手術が待っていた。 愛妻である寛子が長崎医療センターの 主治医である医師とリハビリを 施してくれた医師たちと看護師たちや 患者さんたちとの交流で以前の明るさを 取り戻したと確信した武志は、 寛子が退院をして社会復帰が できればと願いを持ちます。

  • 林檎姫 08月16日
    @kinmokusei  子供を産んでから母親の気持ちがわかると私は思います。
    それだけに、英明自身が子供を持って家族を守りたいという
    父親としての心情と妻である清香に子供が産まれることを
    願っていると感じてくれると嬉しいです。
    コメント、ありがとうございます。
    詳細・返信(0)
  • 林檎姫 08月16日
    小説「1ページ同好会」を公開しました!  #1ページ同好会
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    1ページ同好会

    by 林檎姫

    ここでは、自分の作品を勝手に 宣伝しようと思ってます。

  • 林檎姫 08月16日
    小説「ねぇ・・君!」を公開しました!
    お話の続きを更新しました。感想をお待ちしております。
     #ねぇ・・君!
    詳細・返信(2)
    概要を表示

    ねぇ・・君!

    by 林檎姫

    新しいオフィスとなった会社に これまで働いていた女性社員 雪恵に加えて入社した清香に 一目惚れをした英明は、 上司と部下ではなく1人の女性として 思いを寄せるようになっていた。 やがて、営業で仕事をしている 恭輔と雪恵がいないのを見計らって 英明は、清香に自分の気持ちを 打ち明けていた。 その気持ちに清香は、 どう答えたのでしょうか? それでは、お話を読んでください。

  • 林檎姫 08月15日
    @kinmokusei  コメント、ありがとうございます。
    真樹たち3人の子供たちは、
    両親である武志と寛子の背中を
    見て育ったと思いたいですね。
    それだからこそ、子供たちが
    両親を大事にすることを教わったと
    思っています。
    詳細・返信(0)

ユーザー R

新着作品

一覧を見る

林檎姫のつぶやき

もっと見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.