おねこ。

ユーザー L

フォロー109


一覧を見る

フォロワー104


一覧を見る

最新作品 - ブログパーツ

おねこ。のつぶやき

@おねこ。宛

500


  • おねこ。 3時間前
    小説「ミュルミュール」を更新しました!  #ミュルミュール
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    ミュルミュール

    by おねこ。

     ――西暦2148年8月6日  世界は混沌としていた。  いわゆる第三次世界大戦と呼ばれていた時代だ。  人が人を殺し、人が物を壊し、人は自分の欲望のまま動いていた。  そんな人々に神はなんの前触れもなく罰を与えた。  星々を大地に降り注がせたのである。  神は言った。 「全ての生命は、神に服従し一生その身を捧げよ」  人々は逆らった。  自分たちが生きるため。  自分たちが生き残るため……  人々は神と戦った。  しかし、神の力の前には人々は無力だった。  人類は一瞬で滅亡へのカウントダウンがはじまろうとした。  そのとき魔族が人類の前に現れる。  魔族は言った。 「我らの願いを聞くのなら神にあがなう知恵と力を授けよう」  人類は、魔族の願いを聞き入れることにした。  魔族に魂を売ったのだ。  そうして人は神と戦う力……  人型兵器フェアリーを手に入れたのだ。  こうして人類と神々との長い長い戦いがはじまるのであった。

  • おねこ。 05月20日
    小説「一流記者・必殺仕置人」を更新しました!  #一流記者・必殺仕置人
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    一流記者・必殺仕置人

    by おねこ。

    「ねぇ、君に選択肢をあげる。自分で死ぬ?それとも殺される?」  それは、殺し屋13から聞く最後の言葉だ。  この言葉を聞いたモノは、必ず死ぬ。  自殺するか殺されるか……  違いはその差だ。  

  • おねこ。 05月20日
    「私は猫になりたい」を追加しました。  #おねこのさんぽみち
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    おねこのさんぽみち

    by おねこ。

    おねこのうたを詩や物語にしてみました。 今まで書いた詩を…… これから書く詩を…… 徒然るままに載せていきます。 ※2016年8月31日おねこのさんぽみちとおねこのうたを結合しました。

  • おねこ。 05月19日
    小説「一流記者・必殺仕置人」を公開しました!  #一流記者・必殺仕置人
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    一流記者・必殺仕置人

    by おねこ。

    「ねぇ、君に選択肢をあげる。自分で死ぬ?それとも殺される?」  それは、殺し屋13から聞く最後の言葉だ。  この言葉を聞いたモノは、必ず死ぬ。  自殺するか殺されるか……  違いはその差だ。  

  • おねこ。 05月18日
    小説「ぼくらはみんないきている。」を更新しました!  #ぼくらはみんないきている。
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    ぼくらはみんないきている。

    by おねこ。

      自殺を考えているあなたへ   〇月〇日   私たちは、集団自殺を行います。   参加される方は、△×までご一報ください。  そんな内容のメールが、猫之助の元にやって来た。  猫之助もまた、自殺を考える男のひとりだった。  金なし。仕事なし。彼女なし。  もちろん童貞。  誰にも必要とされないことに苦痛を感じていた。  猫之助は、孤独に耐えきれなくなりその場所へとやって来た。  集まったのは9人の男女。  そこで、1人の女性と出会う。  その女性もまた自殺を考える人間の1人だった。  猫之助は、仲間と出会いそして少しずつ生きる意味と価値を見出していく。

  • おねこ。 05月16日
    小説「ミュルミュール」を更新しました!  #ミュルミュール
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    ミュルミュール

    by おねこ。

     ――西暦2148年8月6日  世界は混沌としていた。  いわゆる第三次世界大戦と呼ばれていた時代だ。  人が人を殺し、人が物を壊し、人は自分の欲望のまま動いていた。  そんな人々に神はなんの前触れもなく罰を与えた。  星々を大地に降り注がせたのである。  神は言った。 「全ての生命は、神に服従し一生その身を捧げよ」  人々は逆らった。  自分たちが生きるため。  自分たちが生き残るため……  人々は神と戦った。  しかし、神の力の前には人々は無力だった。  人類は一瞬で滅亡へのカウントダウンがはじまろうとした。  そのとき魔族が人類の前に現れる。  魔族は言った。 「我らの願いを聞くのなら神にあがなう知恵と力を授けよう」  人類は、魔族の願いを聞き入れることにした。  魔族に魂を売ったのだ。  そうして人は神と戦う力……  人型兵器フェアリーを手に入れたのだ。  こうして人類と神々との長い長い戦いがはじまるのであった。


ユーザー R

ブログ - 最新の記事

一覧を見る

新着作品

一覧を見る

おねこ。のつぶやき

もっと見る

copyright (c) 2013-2018 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.