おねこいる。

ユーザー L

フォロー105


一覧を見る

フォロワー99


一覧を見る

最新作品 - ブログパーツ

おねこいる。のつぶやき

@おねこいる。宛

500


  • おねこいる。 11月16日
    小説「アソパソマソ」を更新しました!  #アソパソマソ
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    アソパソマソ

    by おねこいる。

    せつめいはない。 あるのは、ひとりの青年とおじいさん。

  • おねこいる。 11月14日
    小説「OVERFLOW」を更新しました!  #OVERFLOW
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    OVERFLOW

    by おねこいる。

    ――西暦2148年8月6日 世界は混沌としていた。 いわゆる第三次世界大戦と呼ばれていた時代だ。 人が人を殺し、人が物を壊し、人は自分の欲望のまま動いていた。 そんな人々に神はなんの前触れもなく罰を与えた。 星々を大地に降り注がせたのである。 神は言った。 「全ての生命は、神に服従し一生その身を捧げよ」 人々は逆らった。 自分たちが生きるため。 自分たちが生き残るため…… 人々は神と戦った。 しかし、神の力の前には人々は無力だった。 人類は一瞬で滅亡へのカウントダウンがはじまろうとした。 そのとき魔族が人類の前に現れる。 魔族は言った。 「我らの願いを聞くのなら神にあがなう知恵と力を授けよう」 人類は、魔族の願いを聞き入れることにした。 魔族に魂を売ったのだ。 そうして人は神と戦う力…… 人型兵器フェアリーを手に入れたのだ。 こうして人類と神々との長い長い戦いがはじまるのであった。

  • おねこいる。 11月13日
    小説「OVERFLOW」を更新しました!  #OVERFLOW
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    OVERFLOW

    by おねこいる。

    ――西暦2148年8月6日 世界は混沌としていた。 いわゆる第三次世界大戦と呼ばれていた時代だ。 人が人を殺し、人が物を壊し、人は自分の欲望のまま動いていた。 そんな人々に神はなんの前触れもなく罰を与えた。 星々を大地に降り注がせたのである。 神は言った。 「全ての生命は、神に服従し一生その身を捧げよ」 人々は逆らった。 自分たちが生きるため。 自分たちが生き残るため…… 人々は神と戦った。 しかし、神の力の前には人々は無力だった。 人類は一瞬で滅亡へのカウントダウンがはじまろうとした。 そのとき魔族が人類の前に現れる。 魔族は言った。 「我らの願いを聞くのなら神にあがなう知恵と力を授けよう」 人類は、魔族の願いを聞き入れることにした。 魔族に魂を売ったのだ。 そうして人は神と戦う力…… 人型兵器フェアリーを手に入れたのだ。 こうして人類と神々との長い長い戦いがはじまるのであった。

  • おねこいる。 11月12日
    小説「OVERFLOW」を更新しました!  #OVERFLOW
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    OVERFLOW

    by おねこいる。

    ――西暦2148年8月6日 世界は混沌としていた。 いわゆる第三次世界大戦と呼ばれていた時代だ。 人が人を殺し、人が物を壊し、人は自分の欲望のまま動いていた。 そんな人々に神はなんの前触れもなく罰を与えた。 星々を大地に降り注がせたのである。 神は言った。 「全ての生命は、神に服従し一生その身を捧げよ」 人々は逆らった。 自分たちが生きるため。 自分たちが生き残るため…… 人々は神と戦った。 しかし、神の力の前には人々は無力だった。 人類は一瞬で滅亡へのカウントダウンがはじまろうとした。 そのとき魔族が人類の前に現れる。 魔族は言った。 「我らの願いを聞くのなら神にあがなう知恵と力を授けよう」 人類は、魔族の願いを聞き入れることにした。 魔族に魂を売ったのだ。 そうして人は神と戦う力…… 人型兵器フェアリーを手に入れたのだ。 こうして人類と神々との長い長い戦いがはじまるのであった。

  • おねこいる。 11月11日
    小説「OVERFLOW」を更新しました!  #OVERFLOW
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    OVERFLOW

    by おねこいる。

    ――西暦2148年8月6日 世界は混沌としていた。 いわゆる第三次世界大戦と呼ばれていた時代だ。 人が人を殺し、人が物を壊し、人は自分の欲望のまま動いていた。 そんな人々に神はなんの前触れもなく罰を与えた。 星々を大地に降り注がせたのである。 神は言った。 「全ての生命は、神に服従し一生その身を捧げよ」 人々は逆らった。 自分たちが生きるため。 自分たちが生き残るため…… 人々は神と戦った。 しかし、神の力の前には人々は無力だった。 人類は一瞬で滅亡へのカウントダウンがはじまろうとした。 そのとき魔族が人類の前に現れる。 魔族は言った。 「我らの願いを聞くのなら神にあがなう知恵と力を授けよう」 人類は、魔族の願いを聞き入れることにした。 魔族に魂を売ったのだ。 そうして人は神と戦う力…… 人型兵器フェアリーを手に入れたのだ。 こうして人類と神々との長い長い戦いがはじまるのであった。

  • おねこいる。 11月11日
    小説「おどろおねこの大捜査線」を公開しました!  #おどろおねこの大捜査線
    詳細・返信(0)
    概要を表示

    おどろおねこの大捜査線

    by おねこいる。

    右を見る。イチャつく若いカップル。 最近の若いものは!! 左を見る。手を繋ぎささやきあっている熟年カップル。 前を向く小さな女の子と男の子がちょこんと手を繋いでいる。 後ろを見て景色を楽しもう! すると学生が体を寄せ合っている。 泣いてもいいですか? 予告編動画です。 https://www.youtube.com/watch?v=piroV6v1Wrg&feature=youtu.be まだまだ未完成なので少しずつ完成に近づけます。


ユーザー R

ブログ - 最新の記事

一覧を見る

新着作品

一覧を見る

おねこいる。のつぶやき

もっと見る

copyright (c) 2013-2017 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.