闇塚 鍋太郎

ユーザー L

フォロー16


一覧を見る

フォロワー16


一覧を見る

最新作品 - ブログパーツ

闇塚 鍋太郎

NIGHT OF THE SLIME 30

7月12日 17:16

テーマ:空想活劇


フォント
文字:--%
行間:--%
 最初の出会いから、二年が過ぎた。この二年間は「激動の日々」と呼ぶに相応しい内容であったと思う。体力の限界に挑戦するような苛烈な毎日だった。実際、幾度か倒れかけたが、その度に自分でも驚くほどの精神力を発揮して、それらのピンチを乗り切った。気がつくと、僕は二十歳の誕生日を迎えていた。
 きっかけはセーコさんの「私は(私より)弱い男には興味がない」という意味の台詞であった。今の僕は知り合いの一人に過ぎない。先の段階に進むためには、彼女に認められる「強い男」に進化しなくてはならない。

 自分なりに熟考した結果、セーコさんの同業者になるという結論に達した。そう。ビッグ・ファイブ級のスライムハンターを目指すのだ!と云っても、転職ではない。今後も芸能活動は続ける。日本…いや、世界初のアイドル兼ハンターが僕の目標となったのである。
 仮にそれが実現したとしても、彼女の愛が得られるとは限らない。子供の発想と云う他はないが、その時の僕には、至上のアイディアに思われたのだ。そして、実行した。事務所におもむき、残業中の社長に相談した。明日から、スライムハンターの養成所に通わせてください。と。

「おまえのようなバカは初めてだ」

 社長は叫びざまに、その場で頭を抱えてしまったが、最大の稼ぎ手である僕に事務所を去られても困るので、渋々承認してくれた。但し、期限付きである。二年やっても見込みがないようなら、潔く諦め、芸能活動に専念するという誓約書に署名を求められた。
 僕に異存はなかった。最低条件である資格試験に苦労するような者がA級ハンターになれる筈がないからだ。

 翌日から、二足の草鞋生活が始まった。仕事と並行して、ハンター養成所に通うのだ。スケジュール調整は困難を極め、僕のマネージャーでもある社長が、絶望の悲鳴を発したのは一度や二度ではない。だが、そんな状況を楽しんでいるようにも見えたのは、僕の錯覚であろうか。
 養成所にカメラを持ち込み、授業や訓練に臨む僕の表情や動作を捉え、商売の道具として活用したのはさすがであった。これぐらいのしたたかさは、むしろ当然と云えた。
 小舟同然の弱小プロダクションが、芸能界の荒波に揉み潰されることなく、現在も存続している理由は、ひとえに社長の才覚であり、野生動物めいた鋭い勘であった。綺麗事だけでは生き残れない厳しい世界なのだ。

 ハンター養成のプログラムは、軍隊並にハードなものだったが、必死に頑張った。この程度で弱音を吐いていては、セーコさんに軽蔑されてしまう。そしてそれは、僕にとって、死ぬより辛い展開であった。
 スライムハンターの中には、養成所を敬遠し、資格を持たずに営業している者が少なからずいる。いわゆる「もぐりハンター」である。
 もぐりの代表と云えば、伝説的ダメハンター、コガネマンの名前が即座に頭に浮かぶ。彼のやった珍行奇行の数々は最早語り草で、休憩室の話題になることもしばしばであった。

友達に教える

  • ツイートする
  • LINEで送る
  • イイネ
  • はてなブックマーク

1000文字以内

  • >>2

    >えっあと二ページで終わり!?ガーン…(´;ω;`)

    失礼しました。シオール篇の次に闇塚篇が控えておりますので、正確には「残り7頁」ですね。

    >描写は無いけれども二人の仲は進展していてほしい…(*´艸`*)
    >セーコ様にとってシオール少年は有象無象の中の一人ではない!

    セーコの感覚では「恋人」「愛人」と云うよりも「血の繋がりのない弟」みたいな存在なのかも知れないですね。むしろ闇塚の方に望みがあります。(←ばか)

    >ハンター養成所。面白いですね~教習所みたいなものでしょうか~

    ビッグ・ファイブの皆さんが(週替わりで)名誉講師として登場されるそうです。(笑)
    同養成所は物語の舞台として、充分成立すると思いますが、おまけの枠内では書き切れないですね。

    >ダメハンター、すごい最期だったなあ… (・ω・)

    コガネマンもKさんの御意見を反映したものです。(笑)

    >最後まで楽しみにしております~!(≧▽≦)

    ありがとうございます。御愛読をお願いします。

    2019/07/13 11:31

    返信
  • えっあと二ページで終わり!?ガーン…(´;ω;`)
    おまけだから仕方が無いのか…ずっと読んでいたので寂しいでやんす。

    二年経過してしまったのですね。あの後の二人、どうしたんだろう…
    描写は無いけれども二人の仲は進展していてほしい…(*´艸`*)
    セーコ様にとってシオール少年は有象無象の中の一人ではない!
    と思う!恐らく!多分!!笑

    ハンター養成所。面白いですね~教習所みたいなものでしょうか~
    コガネマンは当然無免許ですかね。ダメハンター、すごい最期だったなあ…
    (・ω・)

    残り僅かとなっておりますが、NIGHT OF THE SLIME!
    最後まで楽しみにしております~!(≧▽≦)

    2019/07/13 02:42

    返信
  • おまけ篇は5頁見当で書いていますが、残り2頁でまとまるかな……。

    2019/07/12 18:17

    返信


ユーザー R

ブログ - 最新の記事

一覧を見る

ブログ - カレンダー

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
copyright (c) 2013-2019 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.