メクる

累計 18216207 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

収穫祭

短編小説
詩・俳句・短歌
オリジナル
2018年09月13日 00:04 公開
1ページ(219文字)
完結 | しおり数 0

収穫祭の喜び祭り 

ふしきの

  • 閲覧数

    217

    1674位

  • 評価数

    0

    1899位

  • マイリスト

    0

    1590位

バーニングマンとちがって、ウッカーマンの方がしっくりくる。

だがググってるうちにサーバーさま見てしまった。
これ、見たことある!
通りかかったことある。
っていうか北浦のそういう根性の悪いところが古くからの伝統行事で嫌いなんだつうの。
はまいで祭といい。
別の場所で五島や九十九島のような入江の話を書いていたが、魂鎮めのように私は物語の旅をしている気がしてならない。



私は稲藁と脱穀アレルギー持ちです。野焼きの煙はPM2.5の大陸からの日々予報をTVで見るより最悪に毎日アレルギーメーターは吹っ切れています。杉と檜も持ってます。いなか暮らしに憧れる方にいっておく。シシオドシの空砲にビビるよ。そして弱電流の鉄線が田んぼに張られているので夜は当たれば痺れるぞ!それ以上に野獣はシビレルホド恐いぞ。臭いぞ。デカイゾ。普通に雉が歩くし鼬は出る。もぐらは殺られているし猫は田んぼに潜んでる。シャー!
フォント
文字:--%
行間:--%
踊ろう
踊ろう
火星の赤よ
踊ろう
踊ろう
星空よ焦がれ
収穫祭の藁人形よ
火の粉をあげろ
天高く燃える焔手よ
土星の輪を捕まえろ
足はぬかるみ
酒の匂いの染みた服
ウエスにもならない腰ひもを
女は天女のように降り回る
豊穣の女神よ
豊満の女神よ
踊れ
踊れ
踊れ
酒が足りぬか
足りてるか
明日のことなど忘れてしまえ
今日があるから明日が来る
踊れ
踊れ
踊れ
唇紅く
頬紅赤く


一番鳥が鳴くまでは

「きみたちとっとと帰りなさい」

スキを送る

累計 10 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

ふしきのさんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#収穫祭
 

500

みんなのつぶやき 一覧

つぶやきはありません

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • LINEで送る
  • イイネ
  • はてなブックマーク

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(68) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2019 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.