メクる

累計 18237102 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

ある放送局

短編小説
ファンタジー
オリジナル
2019年11月09日 14:22 公開
1ページ(666文字)
完結 | しおり数 0

誰もが知ってる放送局。

vrymtl01

  • 閲覧数

    75

    2398位

  • 評価数

    0

    1688位

  • マイリスト

    0

    1347位

世界中で知らない人はいない、超有名局関係者へインタビューを試みた……
フォント
文字:--%
行間:--%



わたしは、
この局のベテランプロデューサーだ。
モノクロの時代から現在まで、
まだ現役で仕事をしている。
少なからず、視聴者のリクエストにも応えるようにしているため多忙極まりない毎日だ。
今夜もあらゆる番組を用意して、
オンエアの時間ギリギリまで打ち合せ中の会議室に居る。

今夜も、と言うのは他でも無い。
昼間の放送はあまりしないからだ、
夜番組専門チャンネルの局と言うことだ。
たとえ夜用の番組と言っても、ちゃんと幼児向けも用意してある。勿論、ご年配向けのものもあるしそれなりの需要がある、結構人気な局として世界中オンエアしている。

それにしても、年代向けの番組を調査して制作していくのは大変なことだ。
その年代の流行りもあるし、触れてはいけない事柄も個々にあるからよく神経は使う。
クレームはよっぽどの事が無い限り受けてはいないが、うちの局の番組が原因で事件や事故にもなった様な事例はいくつかある。
でも、因果関係などを調べる証拠も無いからまず大丈夫だろう。

ゲストの著名人や大物芸能人をリクエストする視聴者が居るので、そのスケジュールを組むのが一苦労かな?でも、基本的な番組の主人公は観ている視聴者本人だから、そこに味付けをする番組作りになるだろう、案外楽な仕事だ。

この局の名前を知りたいって?
ココは、
『ユメテレビ放送局』
って言うんだよ、知らないかい?

一生のうちで何度も観ているはずだがね、
最もスポンサーは視聴者本人の健康状態だろうな、ハハハハッ……

ザザァーーーッ…… (砂あらしの音)



スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

vrymtl01さんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#ある放送局
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • LINEで送る
  • イイネ
  • はてなブックマーク

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

作者の投稿小説(16) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2019 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.