メクる

累計 18310567 スキ
BL・アダルトの
切り替えはこちら

黒塊の独り言

短編小説
その他
オリジナル
2020年03月23日 19:11 公開
1ページ(512文字)
完結 | しおり数 0

生死と隣り合わせの毎日で……

vrymtl01

  • 閲覧数

    36

    2701位

  • 評価数

    0

    1675位

  • マイリスト

    0

    1327位

ある朝の出来事。
通い慣れた早朝の道端に居た物……
フォント
文字:--%
行間:--%





「ぼくは今、
道端に横たわって居る。
好きでこんな場所に居るのでは無い、
何時もの場所で偶然がそうさせたからだ。
この景色も悪くは無い、
でもね、以前より身動きが取れないんだ。
運良く、今日は雨降りではない
心地よい風を感じてる。
まだ夜明け前だから、
通りかかる車のライトが眩しいだけだ。
今までが幸せだったとか、
今在るこのぼくが不幸かはわからない。
きっと、何もかもが偶然で
始まりと終わりの始まりかもしれない。
風を感じなくなると意識が遠くなる、
瞼の力も緩んでくると眼の前で転がる
落ち葉で風の様子がわかっていた。

さぁ、お迎えが来たようだ……
この世界とは別れを告げなければならない。
これからは、どんな世界が待っているのかな?身体の感覚が無くなってきたから、
少し休むことにするよ。

微かに匂う、東雲の風を嗅ぎながら…… 。」




ある通勤の朝、通い慣れている道端に
車に轢かれた黒い猫を見つけた。
きっとそんな最後の独り言を言っているのだろうと、車を停めて偶然載せていた毛布に包み、また車を走らせた。会社とは反対方向の動物用火葬場に向かったぼくだった……この日は会社をズル休みした。



スキを送る

累計 0 / 今日 0


残スキ 300

『スキ機能』とは?
『スキ機能』とは『スキ』ボタンを押すことで作品や作者を応援できる機能です。
※拍手機能に類似した機能です。

[スキ機能のルール]
※1人あたり1日に300回まで『スキ』を送ることができます。
※1作品でも複数作品でも合計が300回まで『スキ』を送ることができます。
※『スキ』は1スキ、『大スキ』は10スキ、加算されます。
※1日に与えられるスキの数は毎朝4時にリセットされます。
※自分の作品にはスキ機能は利用できません。
※『スキ』は匿名で作品に送られます。

スキ!を送りました

作品を評価する

vrymtl01さんを

フォローしたユーザーの
作品投稿やつぶやきなどの最新情報を
マイページでチェックできます

マイリストに登録する

この作品につぶやく

#黒塊の独り言
 

500

みんなのつぶやき 一覧

イメージレスポンス(0) 一覧

この作品へのイメージレスポンスはありません

タグ一覧 編集

この作品にタグはありません

友達に教える

  • ツイートする
  • LINEで送る
  • イイネ
  • はてなブックマーク

この作品を見た人はこんな作品も 一覧

見つかりませんでした

作者の投稿小説(23) 一覧

作品登録マイリスト 一覧

登録された公開マイリストはありません

その他


コーナー R

作品宛みんなのつぶやき

もっと見る

作者の他の作品一覧

一覧を見る

copyright (c) 2013-2020 メクる Co.,Ltd. All rights reserved.